トップページ > 新着情報 > スタッフブログ > 新型コロナウィルスに負けない生き方

新型コロナウィルスに負けない生き方

毎晩寒さを感じる季節になりました。

あと2ヶ月で今年も終わります。

新型コロナウィルスで生活スタイルが大きく変わり、生活で今まで当たり前にできていたことが出来なくなりました。

ご利用者様や入居者様は県外の家族と会えない、会えても制約があります。

そんなご時世ではありますが、怖れながらも目の前にあることを受容し、いつも通りにこなされているご利用者様や入居者様の姿を見てきました。

自分で身を守る術、周りへの気遣い、当たり前のことに感謝、挨拶、笑顔、何気ない会話等々、今を生きています。

 

いつも決まったルーティーンで生活することの大切さを

心が温かくなる優しさを

自分の大切にしていることを教えてくださいます。

皆さま神様です。いつもありがとうございます。

 

あるご利用者様が教えてくださいました。

鹿児島は台風の通り道だから当たり前にしていたことがある。

台風が来る時は前もってお客様(神様)がくるようにもてなし、何日も前から料理を作って台風に備える。

台風で飛ばされそうなところは前もって退避させておく。農作物も同じで地域ぐるみでしていたと。

世界の宗教観で日本が唯一独特なところが、「悪(敵)も神様にしてしまうところ」だそうです。

神様にしてしまうと悪い概念がなくなります。悪いものがもたらす良い所に焦点がいくのではないでしょうか。

 

すべてに感謝できる自分でありたい、そう思う瞬間をいつもご利用者様、入居者様が見せて下さいます。

デイサービス光陽 介護士 里 

トップへ戻る